サーフボード販売 サーフショップ オーストラリア "レトリック"ゴールドコースト サーフィン情報 オーストラリアブランド 'RHETORIC' レンタルボード サーフィンスクール・留学 ワーキングホリデー

サーフショップ オーストラリア 'レトリック'
Shop2 "Monte Carlo"36-38 Orchid Ave
Surfers Paradise QLD 4217
TEL: +61 (7) 5592 1991
FAX: +61 (7) 5592 5995



  HOME >サーフ道具の手入れ方法(長持ちさせるために!) &マメ知識

 
道具の手入れ方法
ウェットスーツの
メンテナンス法
最新のウェットスーツは優れた機能性も持っている。その反面、非常にデリケート。せっかくの高性能を長く保つために注意点!

*塩抜きする
 家に帰ったら、まず水でしっかり塩抜きをしよう。風呂等にしばらくつけておくとより効果的★除菌・消臭効果のあるウェットシャンプーを使うと、硬化しにくくなるのでGOOD!
 「注意」
 海あがりに熱いシャワーをウェットのまま浴びるのはNG! 熱いお湯は生地や接着面を早く劣化させるので、洗う際は必ずぬるま湯を使うこと。

*日陰で乾かす
 洗ったウェットは必ず日陰で干し、保管する際は肩部分が太いハンガーにかける事

これらの常に実行していればウェットも長持ちするはずです。
リーシュコードの
正しい保管法
*板に巻かない
 サーフボードを流さないように自分に繋げておくための、流れ止めの役割を果たすリーシュコード。
 よくリーシュコードをボードに巻いている人がいるが、リーシュにくせがつき、海で足に絡まりやすくなりので要注意。リーシュコードは板に巻き付けずにきとんと外し、使わないときは吊るすなどして保管しよう!
サーフボード *真水で海水を流す
 板は海水に強い・・。なんて、間違いです。ボードにとって海水は害以外なにものでもない。海からあがったら必ず真水で洗い流そう!
*車の中にサーフボードを放置しない
 冬場の寒い時期ならまだ大丈夫ですが、夏場の暑い季節にサーフボードを車内に放置するのは絶対に止めた方がいい。熱によって起こる剥離のケースは結構多い。車に限らず不用意にサーフボードを灼熱地獄に長時間さらすことのないよう注意しよう。
*日陰で保管
 ボードは日焼けを防ぐために日陰で保管しよう。また、一番注意したいのがボードのクラッシュは案外海より家でおこるので、足などに引っかからないよう安全な所で保管しよう。

★マメ知識
・サーフボードとリーシュコードの上手なつなぎ方
 リーシュカップとリーシュコードを繋ぐひもに気をつけて! 長いままで使用していると、ひもがくいこんでしまうので注意。理想的な長さの目安としては、リーシュカップに付けた際、必ずテイルの部分より短く調整するのがポイント! ひもがはみ出さないよう輪を二重にすると、強度も増してグッド! そしてひもの先端を火であぶっておけば完璧。
・サーフボードのボトム
 サーフボードのボトムの部分は性能を左右する最も重要な部分。移動や運搬の際は細心の注意が必要。プロサーファーのほとんどは必ず地面に板を置く時はデッキ面を下にしておくようにしていると言う。道具を大切に扱っているからこそ本物のサーファーだ。
・完成したばかりの新品のサーフボードにはすぐ乗らない
 ショップに置いてあるサーフボードなら殆どの場合、購入してから乗っても大抵のものは大丈夫。オーダーで完成したばかりの新品のサーフボードはなるべくすぐに乗らないほうが良い。なぜならば、グラス部分とフォームの部分の剥離の原因になる可能性があるからだ。通常の目安として、冬場なら2週間位、夏場なら3〜4週間位みた方がグッド!
・リーシュコードのストラップをウェットの中で巻く理由
 リーシュコードを足に止める際、ストラップをウェットスーツの中で巻く人がいる。これにはちゃんとした理由がある。通常ウェットスーツの上に装着した場合、どうしてもウェットの生地自体の厚みがあるため、体に巻きつけた時ほどきつく締める事が難しく、その結果ストラップにズレが生じやすい。一度ズレてしまうと海の中で巻きなおすのは大変。ウェットスーツの中で直接足に巻くとズレを防ぐ以外に、ウエット内部の余分な水をスムーズに排水できるというメリットもある。
プロボード・中古ボード
お客様写真館
シェイパー・プロサーファー
チームライダー
サーフィンスクール・サーフガイド
サーフボードリペア

Copyright (C) 2005-2016 RHETORIC THE FIRST. All Rights Reserved.